国安気功★因腰伤反受益的人生/名作家の打ち明け話

国安气功学员的来信

 

与您分享

<著名作家老张斌人生感言>
我一生只有一个知己易川,我们是文革时期的患难之交,可惜他在我出国探亲的当夜去世了。
我给他打电话告别,他妻子(我是媒人)说,他刚睡下要不要叫醒他?
我说不要,明天我再打给他。谁知他一直没再醒来。

唉!我一生还有一位良师益友,他的名叫王国安,我现在每天两次吐纳从不间断,正是这个气功治好了我因年轻当右派劳动改造受伤的腰,不然我早瘫痪在床了,或者呜呼哀哉了。

古人说人生得一知己足矣,我得了两个更知足啦,啦啦啦啦啦。

 

国安气功学员:老张斌(86岁)

 

 


 

<日本語役>

<著名作家・老張斌さんの感想>
私の一生はたった一人の知己・易川さんがいます。文化革命時期に苦難を共にした友人です。残念ながら私は海外の親族を訪ねた夜に、彼がこの世を去りました。

出国の挨拶を伝えようとその日に電話したら、奥様は電話の向こうで「今寝たところで、起こしましょうか」
私は、「結構です。明日もう一度電話を掛け直します」

が、友人は二度と目を覚まさなったなんてだれが分かるでしょうか。

私には、もう一人良き師匠がいます。彼の名前は王国安さんです。私は今毎日2回吐納の練習を絶えずに続けています。この気功のおかげで、若い頃に過労による腰の損傷が治ったのです。師匠に巡り合えなかったら、既に寝たきりか死んだかのどちらでしょう。

古人の言葉によれば、「人生は一人の知己を得れば足りる」。私は二人の友人に知り合えて幸運そのものです。

 

国安気功愛好者:老张斌(86歳)

 

 

タイトルとURLをコピーしました