国安医術♪命悬一线,大义相救/気功医療の奇跡

大医精诚・大爱无私

 

2018年4月王国安老师在北京用国安气功和国安药功,成功挽救了一位多器官同时衰竭的患者(34岁,男性)。这位肾、心、肺出现衰竭的患者,在北京两家三甲医院就诊时,被当场诊断要求换肾、换心,同时医院的急诊造成了患者大面积脑梗和局部出血。家属情急之下请王老师出手相救。

面对每一次的救死扶伤、每一次的疑难杂症,王国安老师始终以慈悲大义之心,践行着自己的理念――“在济世中发展,在渡人中壮大”。

在国安气功和国安药功的精准施疗下,患者两天后苏醒,半个月后出院并能开车,一个月后大脑的记忆恢复正常。

 

奇迹是有备而来的。12岁坐禅修炼、继承祖传养生绝学的王国安老师,在人体生命科学领域里探索研究40余年。

他所创立的国安气功和国安药功,最大的特点就是全面优化细胞结构,充分提高人体细胞的平衡水平和代谢能力,让衰竭的细胞再生,让生命之花重放光彩!

 

在新的医疗产业——再生医疗领域里,细胞优化与再生的研究得到了越来越多的关注,也是未来医学的发展方向。国安气功、国安药功、国安悬诊一直在为社会、为他人尽着绵薄之力。

 

 


 

<日本語役>

大医精誠・大爱無私

 

2018年4月王国安先生が北京市で国安気功と国安医術を用いて、多臓器不全の患者(34歳、男)の命を救った。腎不全、心不全、肺不全を同時に併発した同患者は、北京市指折りの病院で受診したところ、腎臓と心臓の移植が必要と告知され、折悪しく病院に救急診療を受ける際に、更に脳の大部分に脳梗塞と局部に出血のダメージも発生。途方に暮れた患者の家族は、王先生に救いを求めた。

危篤者や難病者の救助に当たり、王国安先生は終始慈悲の心で、自らの信念を貫きます——「社会に役立つと共に発展し、人を助けると共に成長する」。

国安気功と国安薬功を施し、同患者は二日後によみがえり、半月後に退院しドライブができ、一か月後に大脳の記憶が正常に戻れるようになった。

 

奇跡は準備万端の後についてくるものだ。12歳から坐禅修行を始め、先祖伝来の養生秘法を受け継いだ王国安先生は、ライフサイエンス分野で40年余り研鑽。

彼が創設した国安気功と国安薬功は、体の細胞の活性化を促し、細胞のバランス力と代謝力を高め、細胞の修復と再生を取り戻すのが最大の特徴である。

 

新しい医療産業——再生医療は、未来医学の潮流であり、細胞の最適化と再生の研究は今後益々発展されるでしょう。国安気功と国安薬功、国安懸診は、ずっと地道で微力ながらも人々のために尽くしている。

 

 

タイトルとURLをコピーしました