国安医術♪中国古来の最高の診断術/動画

「懸空診脈」けんくうしんみゃく

 

恒美網のインタビューを受け中国古来の最高の診断術「懸空診脈」を語っている王国安先生。

この診断術のルーツは古代から既に始まり、明の時代より王家に受け継がれていて現在の王国安氏に至っています。

 

中国最高の診断術ー懸空診脈

 

古代から医者のことを「上士、中士、下士」に分けられています。

下士は、通常の脈診のできる方、いわゆる「形」による脈診。

中士は、「気」による脈診のできる方。

上士は、「神」による脈診のできる方、即ち「懸空診脈」。この診断術を身に付けるには、専門知識の習得以外に修行の積み重ねが必要です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました