国安気功/余様~感想心得

 国安气功学员与您分享

 

————✧—✧—✧————

天道酬勤,人道情筹。夕阳西下,万道霞光铺洒在晋、陕、蒙比邻的黄河S形拐弯处,波光粼粼,大堤上翠柳绿草又披上了火红的风衣。缕缕秋风,迎面而来,凉爽惬意,触景生情,“人说山西好风光”的曲子,不由自主地跳出嘴边。

我有意放慢脚步,在这特殊的地方,寻找38年前的记忆。 还是这条大河堤,同样秋高气爽,景色迷人,不同的是昔日一边漫步观景,一边欣赏老爸亲切的歌声“人说山西好风光”。

想起老父亲,两行热泪,情不自禁。老人家生在抗日战争年代,从小受共产党的教育,一生勤俭持家,不辞劳苦,在单位是骨干,在家里是模范。尤其在民歌戏曲方面,无师自通,经常能给周围的人带来愉悦。更让人服气的是几十年来,从没有生过病,吃过药。但是,今年农历5月的一天,老爸突然生病,辗转在岢岚部队医院,本县中医院,山西医科大第一附属医院治疗,均没有取到理想的效果。病情一天比一天重,身体一天比一天弱,确切地说命在玄关,危在旦夕。

仔细一算,已经50多天没吃东西了,肚子就像一面鼓,着急的我,身心疲惫,六神无主,竟然把找王老师治疗也忘了,经同学小张提醒,我打通了老师的电话,驱车前往河南郑州。 王老师两次发功治疗,奇迹出现,老人家开始能喝水,放屁了。感动的我泪水直往心里流。 因为敬爱的王老师,您不是在治病,而是在救命 !! 眼见老爸的身体一天天好了起来了,听着老爸对我说:“儿子,好好跟活神仙王老师学医练功,日后为发扬光大中医气功做点贡献”。 七月十五的礼花炮声打断了我的回忆,我反身疾步回家,给老爸做酸捞饭,炒土豆丝,以尽力表达儿女孝心。

 

学员:余如通 2017年9月

 

 

 国安気功受講者シェア

 

————✧—✧—✧————

……父親のことを思い出すと涙が出ます。戦争中に生まれた父は、苦労を厭わない倹約家で、会社でもなかなかのやり手でした。そして独学の演劇で、常に人を楽しませていました。一番感心したことは、数十年来一度も病気にかからず、薬を飲んだことがありません。しかし、今年旧暦の5月に、ある日突然病に倒れ、あちこちの病院に通っても治らず、日に日に病状が重くなり、確実に命の危機にさらされているところです。

よく数えると、50日間も食事を取らず、腹はすでに太鼓のように膨らんでいます。焦った私は心身が疲れ切って、王先生に診てもらうことすら忘れました。友人の張さんが気づかせてくれて、私は王先生に電話をした後すぐに河南省鄭州市へ車で伺いました。王先生の2回にわたる気功治療を受けると、奇跡が起きました。父親は水を飲めるようになり、おならが出ました。感極まった私は涙ポロポロ。尊敬する王先生に、治療というより命を救われました。その後見る見るうちに快方に向かった父は、「よく王先生に医術と気功を学んで、将来中医気功の発展に寄与しなさい」と私に言い付けました。旧暦7月15日の今日、父親の大好きな料理を作って親孝行をします。

 

受講者:余如通 2017年9月