|茶禅一味

 

中国では心身滋養、心身鍛錬のために飲茶の風習は昔から寺院で定着し今でも続いています。

そのお茶は、禅茶とも言います。

心の穢れと体の疲れを取り除くもので、心身の健康を求めるには、この上ないものと言えるでしょう。

 

 

|醍醐味|

 

茶を口にした瞬間、苦味と渋みが味にアクセントをつけ、のちに甘みがじわじわと広がります。

まるで「苦しみ尽きて楽あり」の諺通り。

一杯の茶湯から人生の奥義が味わえるではないでしょうか?

 


|だるま大師|

 

1500年前に一人の高僧・だるま様がインドから中国に渡ってきた。

転々とした生活を送り、不遇と苦境を乗り越え、最後に辿りついた場所は少林寺。

そこで初めての禅宗を創立し、禅宗の開山と尊崇されている。

 

 

|少林寺|

 

1500年後、現30代目の少林寺住職・釈永信氏は少林寺の更なる発展を推進。

禅宗の普及や、人材育成の武術学校、社会福祉の孤児院設立など、国内から海外まで積極的に行われた。

2006年のチャリティーバザーで、自ら監修した2005年「少林禅茶」を競売にかけ、孤児院に全額寄付した。

 

 

|少林禅茶|

 

2005年に少林寺が監修した「少林禅茶」は、秘蔵に値する記念禅茶。

★伝統手作り技術で精製  

★雲南省の名茶山・攸楽山

★百年以上野生古茶樹

 

★野生プーアル生茶初リリース

★個数限定・全部で10000個

 

  少林禅茶の詳細へ