禅宗の発祥地・最古の禅宗寺は、1500年の歴史を持つ少林寺で、中国河南省・登封市にある嵩山の麓にあります。

 

 

1代目のだるま大師から~現在30代目の釈永信住職まで、1500年間の歳月が経ちました。

  • 「茶禅一味」の言葉通り、茶は禅の味、禅は茶の味。茶と禅を通して悟ったのは人生の味。
  • 禅と言えば、禅宗のゆかりの地・少林寺!
  • 茶と言えば、茶の発祥地・プーアル茶の故郷雲南省。

 

 

「少林禅茶」の監修者 

 

少林寺は監修者として、2005年プーアル茶の調達地を雲南省の名茶山・攸楽山に選定。

10000個限定の2005年製・秘蔵版「少林禅茶」はこのように誕生!

  • 包装紙に現30代目住職・釈永信氏の印鑑。
  • 希少資源の野生古茶樹からの大葉種茶葉。
  • 初リリースの記念禅茶で、個々にシリアル番号付き。

 

 

  9999番 初公開 

 

中国で最も人気な数字は「9」で、「少林禅茶」からも伺えます。

 

これは、シリアルNO.「9999番」の少林禅茶です。↓

 

 

この包装紙に釈永信住職の直筆サイン!

 

 

シリアルNO.「9999番」の収蔵証明書にも直筆サイン!

 

 

文人墨客から寺院道観まで、朝廷から庶民まで、

中国人がお茶を愛でる情熱は、果てしなく続いています。

 

NO.「9999番」の少林禅茶は、現在弊社が収蔵しております。