中国茶の歴史というと、お茶のルーツは紀元前2700年頃の神農氏に遡り、「神農舐百草」という逸話が今に伝えられています。

  • 「神農氏は本草の効能を知る為、自ら百の草を舐めて確かめる。一日に72もの毒にあたったが、これを茶で解毒した。」
  • これは茶が初めて登場した記載「神農本草経」によるものです。
  • 『神農本草経』は中国最古の薬物書です。

 

 

  • 民間ではお茶は「病を治す」薬草として重宝。
  • プーアル生茶は、昔の記載によるとはしか、咽頭炎、風邪、熱、消化不良、糖尿などに使用されていました。
  • 現代においてプーアル生茶は、健康茶としての効能効果が世間の注目を集めています。

 

 

 

野生プーアル生茶

栄養補給、抗加齢

脂肪を燃焼、抗肥満

血液浄化、高血圧降下

抗糖化、抗アレルギー

健康増進、デドックス

 新陳代謝アップ、糖質代謝の改善

殺菌、抗炎症

整腸、お通じの改善

ビンテージ、コレクション……等