少林禅茶(だるま茶)

 

【収蔵】禅味野生プーアル生茶
 

【茶禅一味】禅宗の発祥地・少林寺が監修した、心身滋養の野生プーアル生茶。

 

【だるま茶】1500年前にだるま大師が中国少林寺で禅宗を興し、禅宗の開山と尊崇されている。だるま大師にちなんで「だるま茶」とも言う。

 

【住職印鑑】現30代目の少林寺住職・釈永信氏の印鑑が包装紙に印刷されている。

 

【茶葉の資源】本場プーアル茶の産地・雲南省シーサンバンナ州の名山・攸楽山。

 

 

百年の茶葉エキスを濃縮した、秘蔵版・野生プーアル生茶
 

 2005年製の「少林禅茶」は、少林寺がプロデュースした初のプーアル茶秘蔵版

 

 樹齢百年以上の野生古茶樹の大葉種茶葉を使用

 

全部で10,000個の限定記念品

 

茶葉の内飛*と包装紙ともにシリアル番号付き

 

 

 

製造年2005年秋 直径約19cm 重さ約400g

 

(税込価格)

量り売り50g: 24,800円
量り売り100g: 47,100円  →  35,300円
1個分400g: 178,500円 →  142,800円

(上記期間限定8月15日~20日)

 お買い物へ

 

 

 

①「少林禅茶」物語:チャリティーバザー

 

 

<2006.1.10>中国嵩山・少林寺でチャリティーバザー開催

 

「少林禅茶」シリアル番号の0002番、6666番、8888番はそれぞれ5,000元、6,200元、8,000元 の値段で競売された。(当時の為替で約80,000円、99,200円、128,000円)

一番人気が高かったシリアル番号の9999番は、30,000元(約480,000円)の高値で競売され、大会の注目を浴びた。チャリティーバザーの収益金は、全額少林寺孤児院の子供たちに寄付されたという。

  • 上記内容は「少林禅茶」の小冊子に紹介されています。「収蔵証明書」も付き。

 

 

 

 

②「少林禅茶」物語:プーチン大統領とのご縁

 

 

<2006.3.21>ロシアのプーチン大統領が中国を公式訪問

 

中国胡錦濤国家主席の招きに応じ、プーチン大統領は2006年3月21日に中国公式訪問。22日に念願の少林寺参拝に訪れた。

少林寺住職・釈永信氏がお伴して、少林寺武術の実演を鑑賞。少林禅茶でプーチン大統領をもてなし、記念品として少林禅茶を大統領に贈呈したという。

  • 「少林禅茶」年月を重ねて自然熟成の生きている茶です。

 

 

 


茶葉の内飛とは、茶葉に埋め込まれた四角い紙は「内飛」と呼ばれている。他のお茶に取り換えられないように、プーアル茶を識別・鑑定するためのラベル。

このお茶の「内飛」と包装紙に、シリアル番号が付いています。