健康話題/不合理用手机?或导致残疾!

健康話題

 

 “颈椎病”已成为影响健康的疾病之首!

 

危害一:中风。据中国医学研究院不完全统计,中风病患者中90%以上有颈椎病。

危害二:顽固失眠、神经衰弱。患有顽固失眠,神经衰弱的病人70%以上都有颈椎病发生,可是很多医生在前期治疗中只是一味的治失眠,耽误了治疗的最佳时期。

危害三:脑梗塞、脑萎缩。由于椎动脉受压迫产生痉挛、栓塞,从而诱发为脑梗塞、脑萎缩等疾病。

危害四:瘫痪。有很多颈椎病患者对颈椎病不重视,没有及时治疗,造成脊髓、神经等的刺激与压迫导致单侧或双侧上肢瘫痪或大小便失禁。

 

 

长时间低头玩手机是在“谋杀”你的颈椎!

当头部前倾看手机等电子设备时,通常呈60°角,长时间保持这一姿势,就会出现颈部不舒服、疼痛、僵硬以及头痛等症状甚至损伤,若长期以往症状则会加重,造成颈椎病等远期损害。

 

 如果有以下情况出现,就要注意颈椎的保养了。

1,经常低头使用手机。

2,长期伏案工作或学习。

3,躺在床上看电视,读书,看手机。

4,脖子一转就响。

5,颈椎常常不舒服,上肢疼痛麻木,头晕。

 

 

 

 

 “颈椎症”は最も健康を害する疾病に!

 

リスク一:脳卒中。中国医学研究院の統計によると、脳卒中患者の中で頚椎症にかかる人は90%以上を占める。

リスク二:頑固な不眠症、神経失調症。このような症状を抱える患者の中で70%以上が頚椎症をもつ。しかし初期からもっぱら不眠症として対応する医者さんは少なくないので、治療のタイミングを逃がしてしまう。

リスク三:脳梗塞、脳萎縮。頸椎動脈が圧迫されると痙攣や詰まりが起こる。これにより脳梗塞や脳萎縮を引き起こす。

リスク四:半身不随。頸椎症を甘く見る患者は適宜に治療の手段を取らないと、圧迫される脊髄や神経が、上肢の不自由や失禁を招きかねません。

 

 

長時間のスマホ使用は頸椎損傷に及ぼす!

うつむいてスマホなどの電子機器を操作している時、うつむく角度は60度ほどになっている。このような姿勢が長時間続くと、頸部の違和感、痛み、こり、頭痛、さらには頸部の損傷が生じ、それが長期間続けば、これらの症状がますますひどくなり、頸椎症などの慢性障害が生じる恐れがあるという。

 

 以下のような状況が出れば、頸椎症の予防を早めにしましょう。

1,常にうつむいてスマホを操作する。

2,長時間ディスクワーク或いは勉強。

3,寝転んでテレビ観賞や読書、スマホいじる。

4,首を回すと、ゴリゴリ音がする。

5,めまいや首回りの違和感、腕の痺れなど。