ホームへ

 

< >

 

 

ミラノ国際博覧会(2015)に参加

 

  

 

  

 

 

 2015年5月1日~10月31日にイタリアのミラノで開かれている国際博覧会に、約140ヶ国が参加。博覧会のテーマは、「地球に食料を、生命にエネルギーを」。

 

 鄭州王国安益生酒科技有限公司は、中国の参加機関として公式参加。同社が開発した「王国安益生酒」は生命に益する養生酒として博覧会に登場。

 

 

 

ブライダル博覧会で好評

 

   

 

 

 2015年7月18日~19日に大河ブライダル博覧会が、鄭州CBD国際展示センターで行われました。 

 

 王国安氏が率いる鄭州王国安益生酒ハイテク有限会社は招待を受け、自社が開発した「結婚式用酒」を展示会に出品。五行に基づいた五色のひょうたん型白酒は斬新なアイディアで参加者の注目を集め、好評を博しました。

 

 

 

中国中医(漢方)科学院にて講義

 

  

 

 

 2015年6月13日中国中医科学院から要請を受け、王国安氏は上級針灸師養成クラスにハイレベルの診断方法を教授しました。彼の理念は「大病を未病の段階から予防と治療するのは最善。因って健康の人は健康を維持し、小病の人は即座に治る。」授業中に「懸空診脈」の診断方法も紹介。

 

 一般的な脈診方法と違う「懸空診脈」は、患者の腕に手を当てずに患者の病名、病状、原因を判明する不思議な神業で、「気功と医学の融合」と言っても過言ではありません。  

 

 

「全国五一銘柄建設賞」を受賞

 

   

 

  

 

 

 2015年5月10日に北京国賓館・釣魚台で授賞式が行われました(釣魚台国賓館は外国首脳の接待や、重要な会議を行う迎賓館です)。

 

 ブランド文化の宣伝と中国銘柄の打ち立てを旨にする、国家レベルの「全国五一銘柄建設賞」が設けられています。王国安氏は全国の実業家から絞られた50名に突入し、更に優秀実業家として授賞式でスピーチ。

 

 ➔ 詳細の内容へどうぞ

 

 

 

健康養生事業の特殊貢献人物

 

  

 

 

王国安氏は国家から下記の称号を授与されました。

 

・ 中国老年健康養生事業の特殊貢献人物

 

・ 国家政府シニア幹部の健康管理委員会委員

 

・ 国家政府の百名シニア幹部と将軍の健康指導エキスパート

 

 

 

建国65周年の記念日に記念切手の人物に入選

 

   

 

 

 2014年10月1日は、中国の建国記念日65年目に当たる日です。中国政府は、国の発展に尽力した影響力のある著名人を記念切手の人物に選出して、全国で記念切手を発行。

 

 建国65周年記念切手のタイトルは「中国の夢・共和国の子」で、王国安氏は記念切手の人物に入選。

 

 

 

第二回「敬老会」及び養生フォーラムに出席

 

   

 

 

 2014年9月28日~29日二日間に亘って第二回「敬老会」及び健康養生フォーラムが、北京の御仙都皇家菜博物館で盛大に行われました。

 

 「敬老会」は老人を敬い、健康養生法の交流を趣旨に、数百名の国家老幹部、老将軍及び各界の名士が一堂に会しての交流大会です。

 

 王国安氏は敬老宴会の招待を受けて出席。そして健康養生フォーラムで科学的な健康管理法と気功に関して、自らの経験と結びつけ、47年間やり続けた気功の重要性や古来の養生法等を参加者と分かち合いました。

 

 「王国安益生酒」は、敬老宴会に指名された宴会用酒となっています。

 

 

 

北京の人民大会堂で第六回国際経済貿易協力シンポジウム

 

   

 

 

 2014年9月20日に第六回国際経済貿易協力シンポジウムが北京の人民大会堂で盛大に開催。元経済貿易部副部長が開会式で挨拶した後にシンポジウムの議題に入りました。王国安氏が率いる鄭州王国安益生酒ハイテク有限会社の代表団が本大会に出席。

 

 王国安氏は自社の経営理念や自社酒造りのノウハウ、健康養生のコツ等を出席者に紹介。

 

 そして「王国安益生酒」は、今まで酒に除去できなかったホルムアルデヒドなど有害物質の駆除に成功し、この発明を生かし「王国安益生酒」は香り豊かでまろやかな風味以外に、肝・腎・心血管・胃などに保護と滋養の役割も実現と発表しました。

 

 

 

ASEAN博覧会とASEANビジネス投資サミット

 

   

  

 

 

 2014年9月16日に第11回中国・ASEAN博覧会と中国・ASEANビジネス投資サミットが、広西チワン族自治区南寧市で開幕。王国安氏が率いる代表団が参加しました。開幕式では張高麗副総理が基調講演を行なった後、出席したアジア各国の首脳も挨拶を述べられました。

 

 中国・ASEAN博覧会の開催は、ASEAN加盟10カ国間でのビジネスや提携を活発化させるとともに、協力を拡大するのが目的。中国とアジア各国の企業は貿易や投資、サービス、先端技術などの展示ブースに出展し四日間に亘る開催でした。

 

 「王国安益生酒」は、同サミット会議に指名された宴会用酒となっています。

 

  詳細の内容へどうぞ

 

 

 

2014年「科学技術革新」会議が北京で開き

 

   

 

 

 2014年7月25日~26日科学技術専門委員会は、北京で科学技術革新会議を開き、王国安氏は招待を受けて出席。当会議は国内外の先端技術やオリジナルプロジェクト、発明商品の発表と紹介を目的としています。

 

 伝統工芸法と最新技術を駆使して完成した「王国安益生酒」は、白酒のコクと豊かな風味を増し、「お酒は百薬の長」の役割を最大限に引き出すことがてきた。王国安氏はこのお酒が有害物質を取り除かれたほかに、胃潰瘍や糖尿、痛風にも良いと発表し、大会の注目を集めました。

 

 会議後の親睦会で、王国安氏は一脈伝承の「懸空診脈」を使い、健康問題を抱える出席者に健康診断と健康指導を行いました。

 

 

 

「私の王国安」

 

 

 

 「私の王国安」は、中国衛生部(厚生省)が管轄する雑誌「健康大視野」に発表された2014年10期目の文章です。同誌は国家レベルの医療総合刊行物です。

 

 中国著名な作家・張斌氏が、自分の視点から見て感じた王国安氏の日常を綴った内容。真実な王国安を面白く書いた文章です。

 

 ユーモアで気軽に読める短編なので、どうぞお読みください。

 

 

 ➔ 詳細な内容へどうぞ

 

 

 

「王国安と彼の健康養生経」

 

 

 

 2014年3月18日付の中国電子版に載せた【王国安と彼の健康養生経】の文章に王国安氏の健康秘話が紹介されています。

 

 王国安氏はどんな人物なのか、一言で語り切れません。

 

・漢方診断術を見極める達人。

 患者の体に触れず、1分間内に病名と原因を判明。

 

・健康養生の大師。

 一般的なヘルス、男女の生殖問題、不妊問題、難病の解決までも独自の養生理論で解決。

 

・企業家。

 中国から、英国、香港、日本、米国まで投資経営。

 

・健康食品の研究開発者。

 養生酒、栄養食品、健康コーヒー、健康水の領域に技術革新の旋風を巻き起こす人物。

 
 …………

 

 ➔ 詳細な内容へどうぞ

 

 

 

「健康白酒の革命―王国安益生酒」

 

 

 

 

 2014年1月28日付の中国報道電子版に【健康白酒の革命―王国安益生酒】と題する文章が載せられています。

 

 2014年1月に「王国安益生酒」が正式に市場に出回って、まもなく売り切れてしまった。このお酒に人気の秘密を探りたい記者の取材に対し、王国安氏は美酒に秘めた人気の理由を明した。


 秘密は、抜群の味わい!ただそれだけではない。

  

   詳細な内容へどうぞ

 

 ➔ 開けなかったらこちらへどうぞ

 

 

 

「養生文化を以て中国人の健康を支える構想」

 

 

 

 2013年11月26日に中国光明電子版に【以養生文化託起健康中国夢】という動画番組が放送されました。

 この動画は、王国安氏に独占取材の特集番組です。

 

 上編番組は、気功の歴史と起源、健康理念、先端技術を駆使して開発された健康水、健康コーヒー、養生酒などの紹介。


  詳細な内容へどうぞ



 下編番組は、プーアル茶情報、プーアル茶の中国語ドメイン情報、健康産業の最新情報などの紹介。

 

  詳細な内容へどうぞ

 

 

 

「生命の自由王国へ邁進」

 

 

 

 2013年11月15日に中国の各重要メディア新華、新浪、中国、央視、騰訊等のベストテンのポータルサイトに【邁向生命的自由王国】という文章が一斉に流れて、中国社会で大きな反響を呼び起こしました。

 

 文章に王国安氏が初めて語った健康養生の秘訣や、健康養生のコツと方法等が紹介されています。

 

  詳細な内容へどうぞ

 

 

 

「王国安と彼の健康産業の夢」

 

 

 

 「民生週刊」という週刊誌の2013年26期目に、王国安氏へ独占取材の文章【王国安と彼の健康産業の夢】が刊行されています。

 

 健康ブームを迎えている今、王国安氏が40年間にわたって健康、養生、薬酒、飲料の領域において研鑽琢磨して開発した健康食品は、世間の注目を浴びています。

 

 ➔ 詳細な内容へどうぞ

 

 

 

「私の大脳は研究所のようだ」

 

 

 

 中国衛生部(厚生省)の管轄に属する「健康大視野」雑誌は、国家レベルの医療総合刊行物です。2013年11期目に作家・張孟華氏は王国安氏に取材した文章「我的大脳就像一個研究所」が発表されています。

 

 彼の幼少期から、会社の経営秘話、健康食品の研究開発の経緯まで、人に知られない成功の裏話を詳細に書かれた文章です。

 

 ➔ 詳細な内容へどうぞ

 

 

 

 

国安先生に「打坐」を教わる 1-1

 

(看本内容需下载最新的Adobe Flash Player ↓ )

本内容を見るには 最新のAdobe Flash Playerが必要です。
ダウンロードしてインストールしてください。

获取 Adobe Flash Player

 

 

 

 12歳から打坐を始め、悟りを開いた古来健康法の伝承者王国安先生。

 吐納坐禅を通して気を養い、知徳を増し、生命力を強める健康法。

 

 

 

 

国安先生に「打坐」を教わる 1-2

 

(看本内容需下载最新的Adobe Flash Player ↓ )

本内容を見るには 最新のAdobe Flash Playerが必要です。
ダウンロードしてインストールしてください。

获取 Adobe Flash Player

 

 

 

 静かに座り、背筋を伸ばし、全身リラックスして

 喧噪の世間を忘れ、心身の疲れを解す安らかな境地

 

 

 

 

中国漢方医の最高診断術-「懸空診脈」

 

(看本内容需下载最新的Adobe Flash Player ↓ )

本内容を見るには 最新のAdobe Flash Playerが必要です。
ダウンロードしてインストールしてください。

获取 Adobe Flash Player

 

 

 

  【懸空診脈】 ― 中国漢方史上、トップクラスの診断術(けんくうしんみゃく)

 

 「下士は形による診脈、 中士は気による診脈、 上士は神による診脈」とあります。

 

 史上の名医・華佗氏、張仲景氏、孫思邈氏たちが使った診断術は「神による診脈」という懸空診脈です。現世にめったに見られない最高の診断術は途絶えることなく、継承者王国安氏が語ります。

 

 

ホームへ


< >

 

 

Copyright(C) 2011 - 2018 王国安・健康産業の歩み 欣禾堂 KINKADO all rights reserved.